木野咲カズラ(漫画)・徒然花(原作)・萩原凛(キャラクター原案)「誰かこの状況を説明してください!〜契約から始まるウェディング〜1」「同2」フロンティアワークス

「誰かこの状況を説明してください!〜契約から始まるウェディング〜1」「同2」

[kindle] 「誰かこの状況を説明してください!〜契約から始まるウェディング〜1
[kindle] 「同2

 本作はRenta!のTwitter広告で見かけたのがキッカケで読んでみたものである。なんでRenta!のリンクじゃなくてKindleなのかというと,サービスの継続性や専用アプリの使い勝手からして,前者より後者の方が断然高いので,他の電子書籍サービスで見かけたコンテンツも全部Kindle経由で購入することにしている。正直言って,日本国内限定の電子書籍サービス,ワシは一切信用していない。泡沫ローカル電子書籍サービスなんてシャボン玉,屋根まで飛ばずに遠からず消え去るに決まっているのである。

 それはともかく,本作は久々に一気読みしたラノベのコミカライズ作品で,こういう体験をしたのは「キャンディ・キャンディ」や「なんて素敵にジャパネスク」以来なのである。「契約ウェディング? ふ〜ん,ありきたりのハッピーエンド作品かな」と舐めてかかってKindleの1巻を読んだらドハマリし,読了後即座に2巻をクリック一発で購入してしまったのである。原作は8巻まであるので,今後もコミカライズ版は出るものと期待しているが,途中で止めやがったら承知しねぇぞ。ワシは真正の漫画読み体質なので,先に上げた2作品のごとく,最初に漫画から入った作品はあくまで漫画で読み続けたいのである。

 近年のワシのラノベ感は「侮るべからず・恐るべし」なのである。才能ある若者が殺到しているということもさることながら,ゲームやアニメ,YouTube・ニコ動など,ネットを通じて自在に膨大なコンテンツに触れられる時代になって久しい昨今,デジタルネイティブ世代のコンテンツ作成能力の高さは恐るべき物があると感じている。本作の原作者については,ワシは全く馴染みがないのだが,本作の主人公・ヴィオラのキャラ設定をキッチリ構築したということだけでも尊敬に値する。それを優れた漫画描写能力でコミカライズした木野咲カズラの力量が相まって,Renta!がTwitter社に大枚払って一押しする作品になったのだと思われる。

 ヴィオラは,領民思い故にキツキツ生活をしている貧乏伯爵家の娘である。不作の穴埋めをすべくこしらえた実家の借金をチャラにしてもらう代わりに,由緒正しき金満公爵家の跡取りであるサーシスの名目上の妻となることをあっさり承諾してしまう。サーシスには溺愛する元踊り子の豊満年増愛人がおり,別宅で二人きりのアバンチュールを楽しむ日々。身分差故に愛人とは正式な結婚ができないため,サーシスの両親をはじめとする世間体を維持するだけの妻として公爵家の本宅に迎え入れられたのである。
 そこで意気消沈するかと思えば,ゴージャスな生活ぶりに驚きはするものの,恋愛体質ではな良妻賢母なヴィオラは一人きりの生活を存分に楽しむモードに入る。そんなことは最初から分かっていたとばかり,金満体質で人間味のない公爵屋敷の生活をエンジョイしようと張り切るのだ。食べ切れないほどの美食をサーブするのを辞めさせ,一人で食事するには十分な量に留めさせる,家具調度類を品の良いものに変える,室内を自宅庭園で育てた花で装飾する・・・等々,旦那が居ないが故に心地よい空間に,どこか冷たかった屋敷を構造改革してしまうのである。当然,多数の使用人の受けは最高に良く,形式妻とは知らないサーシスの両親にはベタ惚れされ,愛人ベッタリの旦那は屋敷内の人間関係に不案内であることをヴィオラに叱責される始末である。結果として,徐々に愛人よりもこの良妻賢母で精神的にタフな形式的な妻の方にサーシスは傾いていくというストーリーである。

 何が驚いたかといって,この令和の時代に「良妻賢母」の持つ抗いがたい魅力を描いていることである。専業主婦としてひたすら家のために尽くす,そのためには使用人とのコミュニケーションを密にして,システマティックな屋敷運営体制を構築したその手腕と人間的魅力に,お坊ちゃんは遅まきながら気が付くという辺り,恋愛至上主義で結婚した結果,家事にも疎く,外でろくすっぽ稼ぐこともできない相手であることに気が付いた結果の若気の至り離婚,この場合は愛人との別離になるが,これを描いている所がなんともリアルで面白いのである。全く,近年のラノベ恐るべし。それを流麗な絵とマンガ構成でコミカライズする近年の若手漫画家の力量たるや,全くオッサンとしては嘆息する他ないのである。

 一つ訂正しておくと,コミカライズされた2巻においてはヴィオラは良妻ではあるが「賢母」にはなっていない。ようやく精神的にも形式的にも生活を共にする夫婦になったところで終わっている。つまり,サーシスはぞっこんになりつあるが,ヴィオラは恋愛感情の高まりがまるでないところからのスタートラインに立っただけなのである。原作は既に完結しているらしいが,ワシは生粋のマンガ読みなので,先刻宣言した通り,コミカライズ版の完結の方を待つことにする。始まったばかりの愛情ギャップのある夫婦の物語の今後の展開が楽しみで仕方がないのである。