10/19(土) 駿府・快晴

 朝晩に冷え込むようになった割に,日中晴れると25℃越えとなれば,人間風邪を引きやすくなろうというもの。静岡市内ではもうインフルエンザで学級閉鎖になったというローカルニュースが聞こえてきた。ワシは神さんに引きずられて12月初旬に予防注射を接種されに行く予定であるが,それまでに罹患する可能性も高いかな。まぁ毎年インフルエンザではない普通の風邪はほぼ学生から頂いているから,ワーストケースが避けられれば良いのである。

 ちょっとご縁があって,かなり自由度の高い使い方のできるスパコンを触れるようになった。昨日は目前に締め切りが迫った書類書きをほったらかして久々にMPIを触りまくった。基本,Xeonクラスタなので普通のソフトウェア開発環境がそのまま使えるのはありがたい。一度ちらっとだけUltraSparcの環境に入ってみたが,GMPがクソ遅くて10分で閉じたっけ。遅いなら自分で何とかするのが研究ネタになるんだけど,そこまでする義理はないところはサッサと見限るに限る。今度のスパコンは池のように自由に泳げるので,一番のウリであるOpenCL-likeなKernelをどのぐらいきちんと動かせるかどうかだなぁ。11月はそれがメインのお仕事になりそう。若い人のお仕事を参考に勉強させていただくことにする。

 ワシが愛読していたヤマザキマリ&とり・みき「プリニウス」の連載誌であった「新潮45」が実質廃刊となった。で,発端となった文章の書き手について,高橋源一郎が恐ろしく手間のかかる下調べをした上で良いエッセイを文芸誌「新潮」に寄稿,反響が大きかったこともあってかWebで全文公開となった。廃刊原因を作った書き手の文章を読む気は毛頭起きないので,これはありがたい論考である。以下,高橋源一郎の文章だけから受けた感想を書き付けておく。

 高橋はこの問題の書き手に対して嫌みではなく,かなりの同情を寄せている。さすが小説家だけあって,うまく引用しながらその結果下される共感的結論を直接言葉にしていない。が,一見軽薄な文体でありながら,高橋の文章を読めば,この問題書き手がどういう経緯で問題文を書いたかがすんなり分かるようになっている。つまり,この問題の書き手は,原因は不明なれどかなりのコンプレックスを抱え,文芸評論家としてそれなりのレベルに達したものの登竜門となる賞の選に漏れ,鬱屈した結果どういう思考回路の結果かは不明なれど,現政権首班を露骨に褒めあげる絶賛本を書いて,その関係筋からうち捨てられていた評論文をまとめた単行本を刊行してもらえた,という人物であると。高橋はこの書き手に溜まった鬱屈が二重人格を生じさせたことに思いを馳せ,限りない同情を寄せているのである。

 一般論だが,ある種のコンプレックスが強烈な上昇意識を生み,とてつもないエネルギーの源泉となることは普通にある。家庭環境が複雑だったり,人間関係がこじれて社会生活がうまくいかなくなる,など,結果として社会的出世に繋がるケースは普通に見られる。ただ,その手の成り上がり者にはある種のゆがみが残り,それが結果として躓きの元となることも,また,よくあることである。田中角栄は成り上がりの原動力であった金権問題で足をすくわれたし,橋下徹は鋭い舌鋒で上昇した結果,行き過ぎた右翼的言動で諸外国や国内からバッシングを受け,自ら立ち上げた政党の上げ潮の勢いをストップさせてしまった。こういう成り上がり者の躓きは,丸くなった大衆の良い娯楽であると同時に,丸くならざるを得なくなったかつてのトンガリ上昇志向を持った人間には,ちくりと胸の奥が痛む思いをもたらすのである。ああ,ワシもそうだったなぁ,と。

 高橋もこの手の人間の心情を理解することができるタイプで,だからこそ「ああ,そっちの方向に行ってしまったのか。分かるけど・・・それは悲しいな」という文章を書いたのであろう。この問題の書き手は,今後,自分を擁護してくれる少数のグループと,擁護した振りしてサッサと鞍替えすることを厭わない賢い向きが支持してくれる間はその方々の中で生きていくことになるんだろうけど,基本的人権を理解できない人間として認知されてしまえば,文芸評論家としての普遍的な尊敬を得ることは難しくなった訳で,あがいた経験のあるワシとしても何だか悲しくなってしまったのである。

 悲しくなったので,神さんと映画でも見てホンワカしてきます。

9/29(土) 駿府・雨

 台風24号が沖縄辺りでトロトロ動いているのが秋雨前線に影響しており,秋雨の一日。明日夜には紀伊半島から台風本体が上陸して一気に北上していくらしい。JR西日本や近畿の私鉄は早々に午後の運休を決め込んだ。明日は一日外に出ないようにしないとなぁ。

 今日はアナル童貞を捨てた記念日である。人間ドックで検便から潜血が出たので腸カメラを挿入しろという脅しを受けた結果,肛門からゴリゴリとぶっといチューブを差し込まれて死ぬ思いをすることになった。人様の性癖にケチつける気はないが,アナルセックスを好む向きを理解することは生涯できないことだろう。受信前の腸洗浄の面倒臭さとあいまって,胃カメラより数倍苦痛であるということは理解できた。本年のイグノーベル賞受賞研究の偉大さもよく分かったのである。

 結果,何も異常はなく,「やっぱ痔じゃね?」という結論。「今後は潜血があっても「調べたら痔でした」ということでいいですかね?」「来年はそれでいいけど,毎年それを言い続けて進行がんになっちゃった例も多いから定期的に挿入してね」という身も蓋もないクリニック院長先生のありがたいご神託を受け,今後は2年に一度の割合でアナル挿入することになりそうである。その時期が来たら葉書が来るそうで,繁盛しているクリニックなのに商売熱心だこと。まぁだからこその混雑っぷりなんだろうな。

 腸洗浄薬の影響か,未だ腹がゴロゴロしてて気持ち悪いが,ここんとこ便秘気味で張っていた腹がリセットされたからよしとしよう。

 神さんの晩酌に付き合って寝ます。

9/24 (月・祝) 駿府・晴

 中秋の名月が出ているらしいが,あいにく夜空は曇りで月が全然見えない。明日以降,名月近似月は何回かは見られるだろうから,まぁそれで我慢しよう。

 日中は割と暑く,28℃になったらしい。昼飯を食いに出たときに半袖シャツを着たのだが,割とちょうどいい感じ。明日からは朝晩帰りになるので,長袖+上着持参でないと肌寒いぐらいだから,本日がこの夏最後の半袖着用日になりそうである。後期講義も始まるし,夏よさらば,今日は秋,どんとこい冬,である。

 3連休だが,職場のネットワーク切り替え作業の最終段階で,既存LANのためのVLAN設定を全部削除し,完全にprivate IP address化されたとのこと。ワシは出勤してないが,お付き合いして下さったセンター職員の方々,お疲れ様でした。明日以降の学生用ID切り替え&AzureAD同期作業が最後の大仕事で,それが終われば定常運転モードになる。とはいえ,有線は100BASE → 1000BASEになるし(×10倍),無線LANは175カ所のAPをサポートするしで,内部もさることながら外部回線の負荷が心配。ここ20年近く放置していたツケの完全精算もまだ終わってないから,ヤレヤレと胸をなで下ろすことができるのは10月半ば以降かしらん。まぁワシは何もしてないので後ろから眺めてドキドキしていただけだが。

 後ろからドキドキと言えば,ここんとこ年のせいか,人様のサポート(足手まといかも)に回ることが多くなった。メインでない分,気が楽でもあるが,気を遣うことも多くて正直面倒くさくなることも多い。ま,今まで散々人様に迷惑をかけていたので,因果応報と諦めるしかないかな。とはいえ,人間がまるでできていないので,面倒臭さがピークに達したら全てを投げ出してしまうやもしれず,そうなったらごめんなさいとあらかじめ予防線を張っておこう。

 そーいやOpenCLの勉強もしなきゃいかんのだった。CUDA環境でも使えるようだが,今回導入したiMacにRadeonが載っているっぽいので,まずはそっちで環境構築してみるかなぁ。

 つか,それよりも明日は3年生ゼミで使うWebテキストを完成させておかないとなぁ。第7章と8章,とりあえず文章で埋めて本バージョンは仕舞い。次はFlutter対応でReact Nativeアプリの例も作るかなあ。どこまで続くWebのぬかるみぞ。

 寝ます。

9/20(木) 駿府・霧雨

 朝っぱらから傘を差すべきかどうか戸惑う霧雨が続く一日。気がつかないうちに強い降りになったようだが,帰路は降っているのかどうか微妙なレベルに。気温も上がらず,長袖シャツ一枚では少し肌寒いぐらい。明日からは薄い上着を持参せねば。

 投稿終了~・・・と安心していた論文が書式不備で差し戻し。直して投稿したらまた新たにここも直せと指示があったので意地になって総チェックして(書式は)完璧にして再々投稿。今度こそ査読に回るかな? そーゆーことは採録決定後にやってほしいよなぁ。これでrejectだったらワシはともかく,チェック役の方の労苦が浮かばれんぞ。まぁ今度こそ大丈夫。一月後はやけ酒食らって神さんに慰めてもらう羽目になるかもしれんがそれはそれでよし。チャレンジもしないで愚痴るだけの老廃物に成り下がるのは10年後でいいよな。

 学内研究費が当たったので,予定通りiMacを購入し,本日bootcamp設定してWindows, macOSそれぞれにMATLAB, Office2016, Apache Cordovaの環境を構築する。XcodeにiOSのシミュレータが入っており,Android AVDより軽快に動くのね。あとはテキストを手直しして年度末に報告書書いて仕舞いである。次はJavaScriptやPHPのフレームワーク教材開発だなぁ。かくしてWebプログラミングの資料は果てしかなく増殖していくのであった。

 Webといえば,職場のネットワーク切り替え作業が佳境を迎えたのだが,最近は全てのSwitchやWiFi APのみならず,メインのFirewallの状態や設定変更も全てWebベース,きれいに可視化できるようになっているのを目の当たりにすることとなった。おかげで職場全域のネットワーク機器の状態をブラウザ画面でいつでもどこでもチェックできるようになったのである。ネットワーク構築・維持管理はこうして人手を減らし,自動化されて低コストなお仕事になっていくのであるなぁ。

 さて,ボツボツ多倍長数値計算入門の手直しと周辺資料の整備に精出すかな。

 寝ます。

9/13(木) 駿府・晴

 なんか土砂降りを挟んだようなんだが、全く気がつかず。故に晴れということにして頂きたく。

  一台気になるデスクトップマシンがあったので、Ubuntuを潰してWin10を入れ直す。ドライバCDのユーティリティにIntelのディスク診断ソフトが入っており、そいつもついでにインストールしたら勝手に常駐して、二台入っているうちの一台のHDDに不具合ありと警告してきた。どーりで動作がおかしいと思っていたのだ。不具合ありのHDDはゼロクリアして廃棄し、改めてWin10環境を整えて、しばらく様子を見ることにしよう。

この三連休は札幌に帰省するのだが、連日の報道によれば、節電させられるは、物資は滞るはで、なかなか悲惨な感じ。実家に電話して様子を聞く限り、報道されているほど酷くはないとのこと。まさか、生まれ故郷が被災地になるとはなぁ。液状化しなかっただけマシと思うしかないな。

つーことで、久々のスマホ更新はここまで。帰って寝ます。