木野咲カズラ(漫画)・徒然花(原作)・萩原凛(キャラクター原案)「誰かこの状況を説明してください!〜契約から始まるウェディング〜1」「同2」フロンティアワークス

「誰かこの状況を説明してください!〜契約から始まるウェディング〜1」「同2」

[kindle] 「誰かこの状況を説明してください!〜契約から始まるウェディング〜1
[kindle] 「同2

 本作はRenta!のTwitter広告で見かけたのがキッカケで読んでみたものである。なんでRenta!のリンクじゃなくてKindleなのかというと,サービスの継続性や専用アプリの使い勝手からして,前者より後者の方が断然高いので,他の電子書籍サービスで見かけたコンテンツも全部Kindle経由で購入することにしている。正直言って,日本国内限定の電子書籍サービス,ワシは一切信用していない。泡沫ローカル電子書籍サービスなんてシャボン玉,屋根まで飛ばずに遠からず消え去るに決まっているのである。

 それはともかく,本作は久々に一気読みしたラノベのコミカライズ作品で,こういう体験をしたのは「キャンディ・キャンディ」や「なんて素敵にジャパネスク」以来なのである。「契約ウェディング? ふ〜ん,ありきたりのハッピーエンド作品かな」と舐めてかかってKindleの1巻を読んだらドハマリし,読了後即座に2巻をクリック一発で購入してしまったのである。原作は8巻まであるので,今後もコミカライズ版は出るものと期待しているが,途中で止めやがったら承知しねぇぞ。ワシは真正の漫画読み体質なので,先に上げた2作品のごとく,最初に漫画から入った作品はあくまで漫画で読み続けたいのである。

 近年のワシのラノベ感は「侮るべからず・恐るべし」なのである。才能ある若者が殺到しているということもさることながら,ゲームやアニメ,YouTube・ニコ動など,ネットを通じて自在に膨大なコンテンツに触れられる時代になって久しい昨今,デジタルネイティブ世代のコンテンツ作成能力の高さは恐るべき物があると感じている。本作の原作者については,ワシは全く馴染みがないのだが,本作の主人公・ヴィオラのキャラ設定をキッチリ構築したということだけでも尊敬に値する。それを優れた漫画描写能力でコミカライズした木野咲カズラの力量が相まって,Renta!がTwitter社に大枚払って一押しする作品になったのだと思われる。

 ヴィオラは,領民思い故にキツキツ生活をしている貧乏伯爵家の娘である。不作の穴埋めをすべくこしらえた実家の借金をチャラにしてもらう代わりに,由緒正しき金満公爵家の跡取りであるサーシスの名目上の妻となることをあっさり承諾してしまう。サーシスには溺愛する元踊り子の豊満年増愛人がおり,別宅で二人きりのアバンチュールを楽しむ日々。身分差故に愛人とは正式な結婚ができないため,サーシスの両親をはじめとする世間体を維持するだけの妻として公爵家の本宅に迎え入れられたのである。
 そこで意気消沈するかと思えば,ゴージャスな生活ぶりに驚きはするものの,恋愛体質ではな良妻賢母なヴィオラは一人きりの生活を存分に楽しむモードに入る。そんなことは最初から分かっていたとばかり,金満体質で人間味のない公爵屋敷の生活をエンジョイしようと張り切るのだ。食べ切れないほどの美食をサーブするのを辞めさせ,一人で食事するには十分な量に留めさせる,家具調度類を品の良いものに変える,室内を自宅庭園で育てた花で装飾する・・・等々,旦那が居ないが故に心地よい空間に,どこか冷たかった屋敷を構造改革してしまうのである。当然,多数の使用人の受けは最高に良く,形式妻とは知らないサーシスの両親にはベタ惚れされ,愛人ベッタリの旦那は屋敷内の人間関係に不案内であることをヴィオラに叱責される始末である。結果として,徐々に愛人よりもこの良妻賢母で精神的にタフな形式的な妻の方にサーシスは傾いていくというストーリーである。

 何が驚いたかといって,この令和の時代に「良妻賢母」の持つ抗いがたい魅力を描いていることである。専業主婦としてひたすら家のために尽くす,そのためには使用人とのコミュニケーションを密にして,システマティックな屋敷運営体制を構築したその手腕と人間的魅力に,お坊ちゃんは遅まきながら気が付くという辺り,恋愛至上主義で結婚した結果,家事にも疎く,外でろくすっぽ稼ぐこともできない相手であることに気が付いた結果の若気の至り離婚,この場合は愛人との別離になるが,これを描いている所がなんともリアルで面白いのである。全く,近年のラノベ恐るべし。それを流麗な絵とマンガ構成でコミカライズする近年の若手漫画家の力量たるや,全くオッサンとしては嘆息する他ないのである。

 一つ訂正しておくと,コミカライズされた2巻においてはヴィオラは良妻ではあるが「賢母」にはなっていない。ようやく精神的にも形式的にも生活を共にする夫婦になったところで終わっている。つまり,サーシスはぞっこんになりつあるが,ヴィオラは恋愛感情の高まりがまるでないところからのスタートラインに立っただけなのである。原作は既に完結しているらしいが,ワシは生粋のマンガ読みなので,先刻宣言した通り,コミカライズ版の完結の方を待つことにする。始まったばかりの愛情ギャップのある夫婦の物語の今後の展開が楽しみで仕方がないのである。

7/21(日) 駿府・曇

 予報ではこの週末あたりで梅雨明けの気配が見えてくるということだったが,台風5号が沖縄から韓国に抜けるコースで到来したせいで,九州の五島列島と対馬に記録的な豪雨をもたらしてくれたもんだから,梅雨明けは延期となってしまったようである。今週末,ワシが北見を往復している辺りかなと。さすがに梅雨寒は収まり,気温がようやく30℃まで上がるようになってきた。小中高が夏休みに入ることもあり,閑散としていたプールやかき氷屋にも人が入るようになるであろう。日本経済には良いことである。

 本日は参議委員議員選挙の投票日。Googleも投票を即している。期日前投票数は過去最高となったとのこと,与党でも野党でも,応援するなり批判するなり自分の意見を主張できる貴重な機会なのだから,18歳以上の,特に若者はつるんででも一人でも投票に行くべし。投票券を忘れても投票所で名簿確認できれば問題なく投票できるようなので,遠慮することはない。ドシドシ行きましょう。

 「多倍長精度数値計算入門(仮)」,初稿を一週間遅れで返送した。この期に及んでの悪あがきは封印してシャカシャカ進めてパッキングして宅急便に託したのである。サンプルプログラムの整理も進めないとなぁ。当然,日本語の本だから,本文に提示したソースのコメントは日本語になっているが,GitHubに乗っける奴は,ヘボでも英語にした方がいいかしらん。

 つーことで,多倍長が一段落したので,北見行きの準備を進めつつ,Python3本の方も進めないとなぁ。ガンバルンバ。

7/14(日) 駿府・曇

 今年は夏の湿気含みの大気を運んでくる太平洋高気圧の勢力が一向に強まらず,今年の梅雨前線は九州から関東までの太平洋岸に張り付いている。おかげでその前線の上を次から次へと低気圧がやってくるので,今年の梅雨は梅雨らしいジメジメした日が続く。オホーツク高気圧から吹いてくる涼しい空気のおかげで暑くないのが救いだが,日本経済と農業にとっては,冷夏というのはあまり宜しくないので,太平洋高気圧にはせいぜい頑張って頂いて,梅雨前線をトーホグまで押し上げてかーっと晴れた夏らしい夏を期待したいところである。

 ふ〜,何とか「多倍長精度数値計算入門(仮)」の第一弾校正作業に目処がついた。月曜日には送って火曜日には届くように致しますです。一週間遅れで申し訳ないですが。>Mさん
 にしても,改めて読み直すと,あれが足りないこれが足りないあそこはダメここもダメと,頭抱えたくなってくる。いやまぁ「LAPACK/BLAS入門」の時もそうだったんだが,薄く書けという事だったので手離れの決断は割とスンナリできた。今回は我ならがテンコ盛りで,能力の限界を超えた感があり,収拾のつけようが無く手離れし難いところがある。まぁ,C/C++で多倍長計算したい方にはそこそこ役に立つ包括的なプログラミングテキストにはなると思いますんで,宜しかったらお手元に一つに置いておかれても損にはならんでしょう。つか,そーゆーものを誰も書かんのは困った事である。GMPやMPFRやQDのマニュアル翻訳したところで分かった感じがしなかったんで,ワシ的にはまぁ良かったかなと。

 色々尻カッチンで詰まっていたお仕事がこれで進むかなと。Pythonも頑張らにゃいかんが,目前にはUnplugged algorithmの高校生向け講座が8月上旬に迫っているし,下旬にはMATLABでLife Gameする市民講座はあるし,額縁ょ〜にしてはそれ以外の教員としての通常業務が普通に重なってくるので,頑張って乗り越えましょうぞ。 

6/23(日) 駿府→掛川・曇時々雨

 朝っぱらからどんよりしてな一日。梅雨らしくジメッとした重苦しい空気が漂うが,暑さはさほどでも無し。夏の太平洋高気圧が蒸し暑い空気を運んでくるのはまだ先になりそうである。

 Windows 10 1903へのアップグレード,こちらの Tweetに書いた通り

という結果になった。昨年買った F通マシンに何故か1903がやって来ないのである。まぁこれは待つしかない訳だが,どういう順序で1903が回ってくるのか,神ならぬ MSしか分からんわな。つか,MSすら把握できてないかもなぁ。

  Blue Screenになったのは,BootCampを仕込んだMacBook Air 2011。前々から Windows 10環境下でSkypeがコケるなど,挙動が変だったので,いよいよハードウェア的にダメになったのかと思い,最後にmacOS環境を復帰させてHigh Sierraにアップデートしたら何のことは無い,シャキシャキ動くじゃないの。

 そろそろ新しいMacBookが欲しいなぁと思っていたが,この古いAirが使い物になりそうなので,当分お預けかしらん。Mojaveなんて要らんしな。

  やはりMacはmacOSで使うべきなのであるな,と認識を新たにした日曜日でありました。

 風呂入って寝ます。

「あがってしまった」年寄り問題

 先週書くつもりだったが,締め切り仕事に追われて遅くなってしまった。何とか「UNIXマガジン」のバックナンバーを漁って該当のエッセイを見つけたので,忘れないうちに書いておくことにする。

 「あがってしまった」研究者,特に役職の上がった年長者について述べている故・山口英の「UNIX Communication Notes 120」(UNIXマガジン 1998年6月号, pp.11-19)の当該箇所を以下に引用しておく。

———

老け込むには早すぎる

 私の周りで,研究環境の現場から離れ,プロジェクト・マネージメントの仕事をするようになってしまったエンジニアや研究者に対して「あの人はあがってしまった」と言う輩が多い。大学では,研究グループを率いていた教官が,大学や学会の仕事が増えるにつれて研究現場から離れがちになる。そのようなとき,口の悪い学生が「あの先生はもうあがっちゃってるから,直接指導を受けられることはめったにないね」というふうにつかう。

 先日,私の研究室の学生たちと,”あがってしまった研究者”の特徴をめぐって語り合う機会があった。議論百出だったが,情報工学分野ではプログラムを書かなくなるのが最大の特徴だろうという結論になった。たしかに,忙しくなるとプログラム開発にまとまった時間が割けなくなる。プログラムを書く時間がとれない研究者は,明らかに”あがってしまった”と言えるだろう。

 持ち歩いているラップトップPCにWindows95だけインストールし,

・電子メールの処理
・ワードプロセッサと表計算ソフトウェアを駆使した予算書作成や経費計算
・プレゼンテーション・ツールによる資料の作成

だけのために使っている研究者も”あがっている”と多くの学生が指摘していた。

 振り返って自分自身のことを考えると,最近はPerlを使ってちょっとした処理をするプログラムを書いたり,あるいはLaTeXのマクロやスタイルファイルを作るぐらいしかできなくなってきた。さいわい,他の人が書いたほかの人が書いたプログラム・パッケージを読む機会はまだまだ多いが,C言語で大きなパッケージを書くような時間はほとんどとれない。持ち歩いているラップトップPCの用途にしても,学生たちが挙げた条件にぴったりあてはまってしまう。彼らの指摘が私の現状を言い当てているような気がして,胸にグサリとくる時間であった。

山口英, UNIX Communication Notes 120, UNIX Magazine, ASCII, 1998.06.

———

 「Windows95」とか「Perl」という用語が出るあたり,20年前という時代を反映しているが,内容的には今でも十分通じる。大体,50過ぎたあたりでデカいライブラリを書くような仕事はそうそうできなくなるってのは当たってる。体力に加えて集中力も落ちるし,何より新しい物事を咀嚼して受け入れることが苦痛になってきたりする。頑迷固陋に自説に固執して専門家仲間からは相手にされなくなる(批判するだけ時間の無駄だから無視がデフォルト)のに,それがかえって世間的にはbuzzったりするとトンデモ退治が厄介だ。とかく「あがっちゃった」研究者は,社会的な影響力はある分,メンドクサイ存在になり果てるものである。

 人は誰しも年は取るし,大なり小なり「あがってしまう」のはやむを得ないが,組織内でも結構な問題になったりするのは困りものだ。何より,ワシがいるような小規模な組織では,学生数は少ないしスタッフのなり手もいないし,頼りになるのは研究室を主催する教員の個人的な頑張りだけだったりする。プログラミングテクニックが多少落ちようが,アイディアをきちんと動作するコードに落とし込むぐらいのことは教員がやらないと,研究そのものが進まない羽目になる。この点,まだ実験系の理工系他分野の研究者よりは恵まれているとは思う。何せ,昔のCコードも,Fortranコードだってまだ最新のWindows (+ Ubuntu on WSL)で動作するのだから,昔とった杵柄の持ち上げ方を思い出しさえすれば何とかなるからである。

 つーことで,まだまだ昔の杵柄を振り回しつつ,Pythonのような最新の杵柄の使い方を覚えようとしているワシは「あがっているのに藻掻いている」浅ましい年寄りであるなぁと自覚しつつ,最晩年までExcelのVBAと戯れておられた森口繁一先生のようになりたいなぁと,偉大すぎる先達に思いを馳せる今日この頃なのである。