幸谷智紀「LAPACK/BLAS入門」森北出版

[ Amazon ] ISBN978-4-627-84881-8, \2600 + TAX

 データ出た出たやっとデータ。悪戦苦闘したと見せかけつつ怠惰に過ごしたこの2年,毎回怒涛の如く押し寄せる編集担当Fさんの問い合わせ要求にきりきり舞いさせられながらもとうとう完成致しました。未完成の原稿を押し付けられて辟易させられた諸先生におかれましてはお詫び申し上げますと共に要らないといっても献本送り付け差し上げますのでどうぞ当方になり替わりまして恨みつらみ晴らして頂きたくいかようにもお使い下さいませませ。薄いから普通の五寸釘で打ち込めると思います。

 しかし出来上がってみればA5版で135ページ足らずのうっすいテキストなのに定価2600円(+消費税)とは暴利ではないかと訝しむそこのあなた! これでも安くしたのですよ,なにせ初版部数を売り切れるとはとても保証いたしかねる代物だし,弱小理工系出版社としては誠にリスキーな物件であるからして3000円でもどーだろーという線を何とか踏みとどまって頂いてこの価格に抑えたのですよこれでも! いーじゃない紙だけデカくて分厚くて開きづらいどっかのICTマニュアル本に比べれば,LAPACKEとCBLASとIntel Math Kernel Libraryと疎行列とMAGMAとcuBLASの解説に加えてOpenMPやPthreadまで言及しちゃってるんだから勘弁して下さいよ旦那。テキスト本体は薄くても,こっちゃどんだけしんどい思いして大量(でもないか)のプログラムを書いたとお思いか!

 まぁ,前書きにも書いたけど,この本,Web情報だけでスラスラLAPACKE, CBLASを使いこなしてプログラムをジャカジャカ書けるよーなパワフルな人向けには一切書いてませんので,読むだけ無駄,買うだけ無駄。とっととGoogleってBingってお仕事に邁進して下さいな,こちとら「行優先ってなーに?」「LU分解って酵素パワーみたいだけど洗剤?」「GPUってお絵かきのどーぐ?」ってなド素人向けに商売しようってんでぇこのすっとこどっこい。連立一次方程式と固有値問題とBLAS活用だけに話題を絞ってどんだけのことができるかっていうHPC業界と数値解析業界からは蝙蝠野郎と白い目見られそーな類書がないテキストなんでいっ。お手本がないテキスト書くってホントしんどいもんなんだよ全く,迷路みたいで精神的に参った参った。人様が積み上げたライブラリにすがってプログラムと解説書くだけでこんだけしんどいのに,全く漫画家さんとか小説家さんは偉いよなぁ,毎回読者を引き込むストーリーをスクラッチから考えなきゃいかんのだから全く頭が下がります。

 つーことで,章立てとかバグ情報とかプログラム一覧はサポートページを見て下さいな。「あの膨大なLAPACK/BLASの全解説?」ってんなわきゃねーだろっての目次見て目次。詐欺だといわれないよーに予防線張っておきますんでその辺誤解のないように一つヨロシク。まぁ学部2~4年生辺りでCは触ったことあるけどボチボチ高速な線型計算を使わないとダメなんだけど自分で書くのはシンドイという状況にある学生さんにとっては導入用としてはそこそこお役に立つのでは?ってな内容でございます。書店や図書館で見かけたらお手に取ってご覧くださいませ。で,間違いあったらお知らせ下さいませ。

 で,心は既に「多倍長数値解析入門(希望的タイトル)」に飛んでたりするんで,もちっと本格的なLAPACK/BLAS本をお望みでしたらちゃんとした線型計算・HPC屋さんにご依頼して下さいまし。なにせこの界隈の方々が立派な解説書書かないからこっちにお鉢が回ってきちゃったんだからねっ!

Scilab Tips: デフォルトの分割ウィンドウ画面への戻し方

 講義の中で誤ってScilabの初期分割画面(コンソール,変数,ヒストリウィンドウ)を消してしまい,コンソールだけになってしまったというケースがあったので戻し方をここに書きつけておく。一行で書くと下記のようになる。

Scilab 5.2.2の場合:「編集」→「設定」→「一般」→「デスクトップレイアウト」→「レイアウトをリセット」→Scilab再起動

 GUI画面で示すと,最初は下記のような分割画面になる。

2016-04-15_123443

 それぞれの分割ウィンドウ上の「×」印をクリックすると消えてしまう。コンソール以外を全部消すと下記のようになる。

2016-04-15_123531

 これを戻すには,メニューバーから「編集」→「設定」→「一般」→「デスクトップレイアウト」と移行して下記のようにする。

2016-04-15_123547

 さすれば,Scilab再起動後は下記のように元通りの初期分割ウィンドウ状態に戻る。

2016-04-15_123857

Web復刻プロジェクト: 掛谷宗一「微分学」「積分学」岩波全書

 どーせ自分で微積のテキスト書くことになるのなら,著作権フリーな先人のものを底本にして現代流名味付けをした方がいいと考えてたので,そのネタ元(になる予定のもの)を公開。

「Web復刻プロジェクト:掛谷宗一「微分学」「積分学」岩波全書」

 ちなみに掛谷のテキストを現代流に書き直したものが三村征雄の「微分積分学1」「同2」なんだけど,厳密な現代流の証明についていける人はそんなにいないんじゃないかと思われる。んで,戦前の古いものを底本にした方が何かと面白いかなと考えつつ今日に至った次第。

 PHPで簡単なページャーつくったんで使いづらいかもしれず,といってまとめて画像ごと公開するつもりもないので(logが汚れんのイヤ),まぁ我慢して下さいな。ちなみにスキャンするだけなら小一時間ほどあればできるんで,国立国会図書館の奴よりこれよりももっときれいなものができたら教えて下さい。リンク張りますんで。

How to compile a LAPACKE program on Windows 8.1 x64

 Windows 8.1 x64環境下でのIntel Parallel Studio XE 2016 + Visual Studio 2016を使ったLAPACKEプログラムのコンパイル方法のメモ。

1. 必要な環境変数一切合切を用意してくれるCUIショートカット「コンパイラ―16.0 Update 2インテル(R) 64 VS2015環境」を起動

スクリーンショット 2016-02-29 17.17.43

2. LAPACKEソースプログラム”lapack_dgesv_mkl.cを置いた”c:\lapack”へ移動

2016-02-29_190704

3. シリアル実行の時はicl (C/C++コンパイラ) を使って,例えば

c:\lapack>icl lapack_dgesv_mkl.c /link mkl_intel_lp64.lib mkl_core.lib mkl_sequential.lib

とする。

4. Intel Threadを使ってパラレル実行の時はiclコマンドを使って,例えば

c:\lapack>icl lapack_dgesv_mkl.c /link libiomp5md.lib mkl_intel_lp64.lib mkl_core.lib mkl_intel_thread.lib

でコンパイル。
Core i5-2500 (4 cores)で実行すると下記のようになる。

QDライブラリ文書の日本語訳

 QDライブラリの文書を日本語訳したので公開。Bailey先生にお伺い立てたら迅速なる対応を取って頂いてサクッと公開の許可が下りた。

 [PDF] http://na-inet.jp/na/qd_ja.pdf
 [TeX] http://na-inet.jp/na/qd_ja.zip

 どーも頭が固いもんで,一度日本語しないと頭に入った気がしないという年寄りの悪い癖。問題ありましたらお知らせ下さいませ。>QDに詳しい人

 以下はソースに同梱した文書(readme_ja.txt)。

%—————————————%
% qd_ja.tex tranlated by T.Kouya
% How to compile: platex qd_ja (in qd-2.3.x/docs directory)
% Translation Permission: 2016-02-02 (Tue)
% Translation Version: 0.1 2016-02-02 by T.Kouya
%—————————————%
1. 初めに
 本文書は,QDライブラリ (qd-2.3.17.tar.gz)のdocs/qa.texを日本語訳したものです。現著作権はQDライブラリに付属します。日本語訳は幸谷智紀(tkouya@cs.sist.ac.jp)が行いました。

2. 文書のコンパイル
 qd-2.3.17を解凍してできるdocsディレクトリにこのqd_ja.texを置いてplatexでコンパイルして下さい。図版は全てオリジナルのものを使っていますので,本文書の配布物には含まれていません。

3. 訳語について
 「double-double」については「倍々(倍倍)精度」という訳語が使われているケースが多いようですが,そうすると「quad-double」を「4倍々精度」とせねばならず,4倍精度と間違いやすい上に,「倍々」という語感が好きではないので(bye-byeに聞こえて仕方ない),本文書では「double-double」を「DD」に,「quad-double」を「QD」と簡略形を使って表記しています。

4. 謝辞
 本文書の公開に当たって関係各位に根回しして頂き,迅速なご許可を取りつけて頂いたDavid Bailey教授に感謝致します。