10/6(日) 駿府・晴後曇

 10月超えてもまだ日中の気温が30℃を超える日が続く。台風は19号が発生し,次週の三連休には九州・沖縄近海に近づいてきて,その影響が出てくるという予報。最近は週末引きこもっているので,世間的な休日が荒れようがどうしようがどうでもいいが,収穫期に入った米などの農作物に被害が出るのは困る。全世界的に温暖化がじわじわ進んで16歳の少女まで大演説を国連でブッこく時代,ワシが死ぬまでにどんだけ強力なモンスター台風が発生するのか,楽しみでもあり,怖いようでもあり。せめて自宅リビングのガラスに保護シートでも貼らなきゃなぁとツラツラ思う。

 「多倍長精度数値計算」(森北出版),Amazonにページができてた。

 画像の背景のプログラムが本文で説明しているものと違うなどというツッコミは聞かなかったことにする。10月発売予定と言いまくっていたのだが,消費税増税前の駆け込み需要で印刷所が混んでおり,11月22日発売に遅延してしまったのは当方の不徳の致すところではないので謝らないよ。しかし8%に据え置かれた新聞じゃないので10%の消費税丸かぶりで¥4620っつーのは高いよなぁ。まぁGNU MPの一部とQDとMPFRとfloat128リファレンス込の,部数の見込めない本なので致し方ないところです。草稿送りつけた多倍長精度関係者には問答無用でお配りしたいところではありますが,何せ部数が部数なもので(って聞いてないけどせいぜいコミケ島角サークルの新刊ぐらいと想像),届かなかったらすいません。サポートページはすでに作ってあるんだけど,発売日と同時にリンク貼って公開予定。・・・しかしシンドかったので,MPACKの解説が欲しかったとか抜かすと丑の刻参りするぞコラ。無い物ねだりするより自分で書いてみてはと言っておく。ご本人の英語解説はこっちにあるので買うとよろしい。

 Pythonプログラム,ぼちぼち追加しつつあり,Autogradパッケージを使って遊んでみた。額縁ょ〜などというものの宿命で,あれこれ余計な事務作業と書類作業が無限に割り込んでくるので,Jacobi行列で遊ぶまでには至ってないけど,接線引きまくって元の関数をイメージするグラフを書くところまではたどり着いた。

 次は多段法・・・など言い出したら全然終わらないので,先に偏微分方程式の計算事例を2,3積み重ねてケリにしたい。10月いっぱいの予定,忘れてませんのでしばしお待ち下さい・・・って何度目だこの言い訳。

 さて,神さんから委託されている明日の朝ごはんの準備をしよう。

9/23(月・祝)京都→駿府・曇

 台風17号が,北九州をかすめて日本海に駆け抜けていったおかげで,京都は蒸し暑い空気が淀んだ嫌な気候になったものの,風が強いが雨は降らず,昨日から開催されていたODE-JP 2019は無事閉幕したのであった。来年も無事開催できると良いが,何せ人手と場所がねぇ。

ODE-JP2019@同志社大学今出川キャンパス

 さて,明日から本格的に後期が始まる。今週の目標は
・「多倍長精度数値計算」(「入門」が外れました)の最終推敲
・再査読レポート執筆
なんだけど,当然のことながらPythonスクリプトも書かねばならぬ。今の所,

とゆーよーなグラフは書いたりしているのであります。とりあえず,次年度向けテキストはなんとかなりそうなので,どこまでPython的な課題を盛り込めるかが勝負。ま,前期にそこそこスクリプトは揃ったので,何とかなるでしょ。

 ボツボツ,ブログもできる範囲でチマチマ書いていきまする。

 風呂入って寝ます。

「あがってしまった」年寄り問題

 先週書くつもりだったが,締め切り仕事に追われて遅くなってしまった。何とか「UNIXマガジン」のバックナンバーを漁って該当のエッセイを見つけたので,忘れないうちに書いておくことにする。

 「あがってしまった」研究者,特に役職の上がった年長者について述べている故・山口英の「UNIX Communication Notes 120」(UNIXマガジン 1998年6月号, pp.11-19)の当該箇所を以下に引用しておく。

———

老け込むには早すぎる

 私の周りで,研究環境の現場から離れ,プロジェクト・マネージメントの仕事をするようになってしまったエンジニアや研究者に対して「あの人はあがってしまった」と言う輩が多い。大学では,研究グループを率いていた教官が,大学や学会の仕事が増えるにつれて研究現場から離れがちになる。そのようなとき,口の悪い学生が「あの先生はもうあがっちゃってるから,直接指導を受けられることはめったにないね」というふうにつかう。

 先日,私の研究室の学生たちと,”あがってしまった研究者”の特徴をめぐって語り合う機会があった。議論百出だったが,情報工学分野ではプログラムを書かなくなるのが最大の特徴だろうという結論になった。たしかに,忙しくなるとプログラム開発にまとまった時間が割けなくなる。プログラムを書く時間がとれない研究者は,明らかに”あがってしまった”と言えるだろう。

 持ち歩いているラップトップPCにWindows95だけインストールし,

・電子メールの処理
・ワードプロセッサと表計算ソフトウェアを駆使した予算書作成や経費計算
・プレゼンテーション・ツールによる資料の作成

だけのために使っている研究者も”あがっている”と多くの学生が指摘していた。

 振り返って自分自身のことを考えると,最近はPerlを使ってちょっとした処理をするプログラムを書いたり,あるいはLaTeXのマクロやスタイルファイルを作るぐらいしかできなくなってきた。さいわい,他の人が書いたほかの人が書いたプログラム・パッケージを読む機会はまだまだ多いが,C言語で大きなパッケージを書くような時間はほとんどとれない。持ち歩いているラップトップPCの用途にしても,学生たちが挙げた条件にぴったりあてはまってしまう。彼らの指摘が私の現状を言い当てているような気がして,胸にグサリとくる時間であった。

山口英, UNIX Communication Notes 120, UNIX Magazine, ASCII, 1998.06.

———

 「Windows95」とか「Perl」という用語が出るあたり,20年前という時代を反映しているが,内容的には今でも十分通じる。大体,50過ぎたあたりでデカいライブラリを書くような仕事はそうそうできなくなるってのは当たってる。体力に加えて集中力も落ちるし,何より新しい物事を咀嚼して受け入れることが苦痛になってきたりする。頑迷固陋に自説に固執して専門家仲間からは相手にされなくなる(批判するだけ時間の無駄だから無視がデフォルト)のに,それがかえって世間的にはbuzzったりするとトンデモ退治が厄介だ。とかく「あがっちゃった」研究者は,社会的な影響力はある分,メンドクサイ存在になり果てるものである。

 人は誰しも年は取るし,大なり小なり「あがってしまう」のはやむを得ないが,組織内でも結構な問題になったりするのは困りものだ。何より,ワシがいるような小規模な組織では,学生数は少ないしスタッフのなり手もいないし,頼りになるのは研究室を主催する教員の個人的な頑張りだけだったりする。プログラミングテクニックが多少落ちようが,アイディアをきちんと動作するコードに落とし込むぐらいのことは教員がやらないと,研究そのものが進まない羽目になる。この点,まだ実験系の理工系他分野の研究者よりは恵まれているとは思う。何せ,昔のCコードも,Fortranコードだってまだ最新のWindows (+ Ubuntu on WSL)で動作するのだから,昔とった杵柄の持ち上げ方を思い出しさえすれば何とかなるからである。

 つーことで,まだまだ昔の杵柄を振り回しつつ,Pythonのような最新の杵柄の使い方を覚えようとしているワシは「あがっているのに藻掻いている」浅ましい年寄りであるなぁと自覚しつつ,最晩年までExcelのVBAと戯れておられた森口繁一先生のようになりたいなぁと,偉大すぎる先達に思いを馳せる今日この頃なのである。

6/15(土) 駿府・雨

 肌寒い一日。山松ゆうきちのマンガの擬音「ざかざんざかざん」という感じの強めの雨が散発的に続く梅雨らしい一日。今年は冷夏になるという予測も出ているようだが,さてどうなるかな。

 ARITH26で短い講演とポスターセッションをこなしてきた。論文は後で公開されるみたい。

ARITH26の看板
ワシのポスター(プレゼン10分の後にQ&A代わりのポスターセッションがあったのだ)

 日本人が少ないのかと思っていたら,参加者数としてはフランス人19人に続いて15人と,そこそこ来ていた模様。Arbの作者の講演がBest Paper Awardを取っていたが,まぁ圧倒されるよなぁ。才能と体力と勢いがあることを知らしめるのものであった。ワシも慌てて今までの仕事をまとめておくことにしようと決意させられた。

 しかし捨てる神あれば拾う神ありで,昨年プレゼンした内容をRejectされて腐っていたら,今回採択されたりするので,何事もやっておくものであると思った次第。「多倍長精度数値計算入門(仮)」の最終章の予定になっていたものの,Rejectされて削除しようとしていたら,このタイミングで出版社から「ページ数的に問題ないので予定通り書いて下さい」という依頼が来たので,まぁ採択された内容ではあるし,結構ブラッシュアップしたし,大師匠へのご恩返しという意味もあるので,「やっぱり書きます」とお返事しておいた。この先,日本語で査読論文書くつもりもないので,丁寧な解説を書き下ろすつもりで頑張りますです。来週にはゲラが届くそうなので,7月中旬ぐらいまでは校正作業に集中せんとなぁ。Python原稿はそれから頑張りますので見捨てないで下さいまし。

 MPFRのメイン開発者の一人が,マルチコンポーネント型の多倍長複素数演算の基礎固めをやっていたのも印象深かったな。どうやら多倍長FFTみたいなものを作るようで,MPCより軽くしたいらしい。なんかワシの予定にかぶりそうな予感がするので,こちらも進めておかんとなぁ。できれば9月下旬にはお披露目したいところ。

 三日間の京都出張は刺激的だった。あいにく数値解析シンポジウムは行けなかったが,行かずに正解,帰ってきたらガックリ疲れたから,掛け持ちしてたら間違いなく死んでた。体力落ちたことを実感。つーことで直前まで迷って失礼しました。>F先生

 次は7月下旬の北見,9月上旬の東京,9月下旬の京都。これ以外はどこにも行かないようにしたい。何せ,今回の出張で,額縁ょ~が不在だと周囲への迷惑の掛けっぷりが半端ないことが判明したからだ。つーても,Academic Career終了して良いわけでもないので,無理のない範囲で出掛けていきたい。

 明日は「上がっちゃった研究者問題」について書きたいけどどうなるやら。

 寝ます。

R. T. Kneusel, “Numbers and Computers”, Springer

R. T. Kneusel, “Numbers and Computers”, Springer

[ Amazon ] ISBN 978-3319505077, \8000ぐらい?

 「多倍長数値計算(仮)」という本を刊行すべく原稿は何とか仕上げたものの,果たしていつ頃完成するのかは全然見通せない今日この頃,いつになったら版下ができるんでしょうか? ・・・ま,予定より1年以上完成が遅れたワシには急かす権利はありませんな。

(追記: 今年秋頃に出るそうです。ワシがサボらなければ。Mさん,慌てさせてすいません。)

 つーことで,いわゆる多倍長計算,GNU MPとかMPFRとかQDとかで,どういうC/C++プログラムを書いたら長い桁数で計算がすいすいできるようになるのかなぁ~という方への(刊行予定の立たない立った)入門書を書いたわけだが,そーゆー本が,この世にないわけではない。日本より何十倍も読者がいる英語の本ならありそうなもんだが,これが案外ない。もちろんこの分野の専門家の書いた”Modern Computer Arithmetic” (by R.P. Brent & P. Zimmermann)とか,”Handbook of Floating-point Arithmetic” (by Muller, et. al.)なんてのがあるんだが,これはゴリゴリの専門書であって「入門書」ではないのである。

 「入門書」とは何か? それは敷居を極力低くした,底の浅い記述に満ち溢れたお手軽な本のことである。「LAPACK使う必要があるんだけど,ググったら大量の解説ページやマニュアルが出てきてゲンナリ」という向きに,お手軽な「とっかかり」を提供すること,そのためには分厚さで圧倒してはならず,古老の如きウンチクを傾けてはならず,記述は簡潔にしたペラペラな本が望ましい・・・という自虐はこの辺にしておくけど,必要以上に厚くする必要はない,つか,「ほんとにその分厚さ必要なの?」というプログラミング書籍が多くてちょっとゲンナリしているのは確かなのである。「敷居を低く,底は浅く」書く,その上で「ストーリー」があれば言うことなし。入門書との相性は,著者が提供するこの「ストーリー」と波長が合うかどうか,そこに尽きるとワシは確信しているのである。

 「ストーリー」とは何か? それはその入門書の目的を完遂するための「流れ」と言い換えることができる。本書の場合,「数とコンピュータ」というタイトルが物語る通り,整数,有理数,浮動小数点数,固定小数点数,区間演算(Pythonによる実装とMPFIの解説がある)などなど,「コンピュータ上で数をどのように取り扱うか?」ということを理解させるべく,その本質的な記述を心掛けつつ,短く適切なプログラム例を織り込んでおり,プログラミングを通じて目的を完遂しようというストーリーがあるのだ。

 これ,ワシにとっては理想的なストーリーなんである。で,ワシもそれに従って・・・といきたいところだが,いかんせん教養がなく,仕方がないので自分なりに持っているノウハウの引き出しをぶちまけた「GNU MP, MPFR, QDプログラミング入門書」になってしまったのは致し方ないところ。それなりにストーリーを作ったつもりであったが,どーもワシの悪癖である「書いてあるからプログラム読めば?」というところが随所に出てしまってかなり解説が舌足らずになってしまっている。・・・という反省ができるのも,先達である本書が優れたストーリーを見せてくれたからである。

 まさに「先達はあらまほしき」なのである。まぁバリバリプログラミングしたい向きにはちと物足りないところはあれど,現代的に「数」の扱いはどうなっているのか,俯瞰的に知りたい向きには程が良い「入門書」と言えるのである。