12/23(日・祝) 駿府・曇時々雨

 曇りだが午後からは徐々に晴れ間が出るという予報であったが,昼飯を食いに出かけた後,結構は雨降りに。その後は確かに太陽が顔を出したので,タイミング他少しずれた程度で当たっていたということになる。さほど寒くもなく,さりとて暖かいわけでもない,ちょっと体に優しい冬という感じ。今週末には強い冬型になり,寒波がシベリアから降りてくるとのことなので,年の瀬はどこにも行かずに神さんのご実家と自宅との往復程度で済ませることにしよう。

 昨日は毎年恒例の大師匠の所へご挨拶。

毎回ご一緒にディナーを取っていた中華レストランが来年1月末で閉店とのこと。良いタイミングで訪問できて良かった。ワシがDr.取りしている時からご厄介になっていたので,かれこれ20年以上通っていたことになるし,大師匠に至ってはこちらに移り住んで以来のお付き合いのある愛着のある店であった。堅焼き焼きそばが普通に出てくる店ってそんなにないのよね。来年は別の店を探せねば。

 つーことで,30ページ書き足して「多倍長数値計算入門(仮)」Ver.0.1がやっと上がった。

書いてますという存在証明代わりの表紙画像 Ver.0.1

 材料は全部ぶち込んだので,これに書き足し書き足ししていけば来年3月までには完成することは間違いないが,ページ数が・・・まぁこれ一冊でGNU MPとMPFRとQDのC/C++プログラミングが完璧にできるという本にするならそんくらいは勘弁してもらわんといかんわな。つーかそうなるとAPIの一覧が載る付録の方が分厚くなりそう。それが不要なようにGNU MPMPFRQDもマニュアル翻訳してあるんだけどね。草稿は送ってあるので,この方向で完成校作っちゃっていいかどうか,お返事よろしく。>Fさん

 本日は冬のごちそう第2弾を食いに神さんとココイチへ。スープカレーを堪能した。

食う前の写真撮るの忘れたので完食記念写真

 スープカレーは特段冬の食い物ではないはずなのだが,発祥が札幌なので冬のイメージが強いせいでこの時期に出すようになった・・・と理解している。ワシはココイチのポークカレーベースに淫しているので,生半可な札幌発祥を謳う店のものよりココイチの方を愛する者である。来年もう一度食って冬じまいをしたいものである。

 世間は三連休と浮かれているが,土曜日は10月の台風休講の補講日だったし,明日月曜日は普通の講義日。そうでもしないと月曜日に15回の講義日を用意できんから仕方ないのであるけれど,さすがに国民の祝日を休まないのは非国民であるとの認識が浸透しつつあるのか,講義時間を90分から100分に延ばして講義回数を15回から14回に減らすという大学もポツポツ現れている。文科省がうるさく言うのは講義時間の確保であって回数ではないのだから,という理屈。

 教育は手抜きせずに手厚く学生をサポートせにゃならんし,研究活動やらんのなら講義も持たせられんというご時世だし,そのくせ書類はきっちり用意しておけというのだから,いろいろ工夫しなきゃならんというのは理解する。次年度以降の準備を今から考えておかんとなぁ。

 さて,明日からプログラミング三昧だ。ぷちめる時間は取れるかしらん? 結構面白い本が立て続けに出ているので,メモ程度でも書き残しておきたいからなぁ。

 本日はゆっくり過ごして寝ます。

12/15(土) 駿府・晴

 冬なのに夏日になったりとめまぐるしく気温が変化してきたが,今週はようやく寒気が定着したようで,朝晩はコートの裏地がないと辛くなってきた。クリスマスや正月は普通の寒さになりそうである。年のせいか,変化に弱い体質になってきたので,冬は普通に寒くなって欲しいものである。

 ・・・というように,日本人の日記は必ず天気の記述から入るのだが,これは俳諧に繋がる発想なんだということを,古本屋で入手した紀田順一郎「日記の虚実」で理解した。俳人ぶるつもりはないけれど,自然の一部として生きているという実感を得るのは良いことだし,これからもワシはまず天気の感想から入ることにしよう。

 つーことで,「多倍長数値計算入門(仮)」は最初から書き直しのフェーズに入って+20ページ。最後の最後で第8章の論文コピペ部分がどーにもおサマランので全面的に書き直すことになり,書き直すとなると記述の裏付けとなるプログラムを書かなきゃいけなくなるので,昨日はMPFRのマニュアルにあるNewton法のサンプルとを一般化するプログラムを書きつつ,C++で型変換ルーチンを整備した。混合制度反復改良法をきちんと書こうとすると道具立てが必要になって面倒くさいことこの上ない。まぁ「MAPACK使え」「exflib使え」「BNCpack使え」で済ませればいいのかも知らんけど,ベース部分のMPFR/GMP, QDの上物についてはコンパイラ言語じゃなくてJuliaやPythonやMATLABでいいじゃね?っつー雰囲気もあるしで,ここは,既存ライブラリや動的言語みたいな飛び道具使わずに地に足のついた記述を心がけたいものである。

 つーことで今週末には脱稿してFさんに原稿送付,今年の仕事に人区切るつけることにする。少ない脳細胞しかない頭をフルにつかって仕事できるのも3月までだろうしなぁ。しかも1月からは新規のプログラミングのお仕事が入るかもだし,頑張って書き書きしましょう。

 今日は鋭気つけて明日からまた頑張ります。

12/7(金) 駿府・?

 ふひ~,「多倍長数値計算入門(仮)」,何とか予定通り9章を埋めた。まだ未確定のところが多いが,材料は揃ったのでひとまず終了。次週は頭から読み直して,書き直し,書き足し作業を行う。遠慮なく書いてたら現時点でA4ぎっちりレイアウトで本文115ページ。最終的には150ページぐらいまで増えるかも・・・ってことはA5だと200ページ超えるかなぁ。ちと心配になってきた。

 明日は10月の台風休講分の補講日で出勤。教員よりも学生の方ががっくり来るかもなぁ。ワシらが大学生の時はこんなきっちり補講したことなんてなかったし,台風来週で休講になったこともなかったな。ま,これも時代という奴である。

 ありゃ,いつの間にやらWordPressが5.0になっている。データベースの構造も変わっちゃったようだが,どこまで自前サーバでメンテナンスしていけるやら。

 早々に帰って明日に備えて寝ます。

12/2(日) 駿府・晴時々曇

 12月になったというのに,日中に20℃近くまで気温が上がる気持ちの悪い今日この頃である。毎年この時期は,寒い中出かけて行ってココイチのスープカレーと吉野家の牛すき鍋を食べるのが楽しみなのだが,寒さが中途半端だと嬉しさも半減である。食うけど。

毎年恒例のごちそう

 ということで「多倍長数値計算入門」定時報告。

  • MPFRマニュアルの翻訳完了したものの,4.0.2の公開が遅れているのでそれまではpending。つーても4.0.1ベースのものはググってリンク先をよく見ると見つけられますんで,お暇な方は探してね。
  • MPCのサンプルコード追加。本文にチラリと書いておいて,章末演習問題にあれこれ使おうかと思案中。
  • 最終章の構成,大体固まったのでこれからベンチマークテスト。BLAS1でもBLAS3並の最適化が可能ってお気楽極楽な人が居ることが判明したので,ベンチマークテストコードを書いて啓蒙活動をしようっと計画。今週中に何とかけりをつける。

 エライことになりそうなのは次年度からと思ってたら,もうこの時期からいろいろ巻き込まれつつあるのでゲンナリ。まぁ「小説吉田学校(さいとうたかをバージョンのマンガ)」で得た知識を生かして自民党代議士見習ってせいぜい死なないようにしようっと。

 多倍長数値計算入門原稿に一区切りつけたら久々にぷちめりたいのだがどーかしらん。今月上旬の頑張り次第かな。頑張ります(何度目?)。

 カレーと味噌汁とご飯炊飯器セットして,洗濯物も取り込んだので,明日から頑張ります。今週は木曜日に模擬講義があるので,スライドもちょろっと手直ししておかないと。

11/18(日) 駿府・晴

 三寒四温ならぬ四寒三温という感じで少しずつ寒くなっていけば理想的なのだが,一週間単位でいきなり日中暑くなったり寒くなったりしている。今週は半ばから寒気がシベリアから降りてくるようなので,ボツボツ,コートの裏地を厚くしておかなくちゃなぁ。

 予定より3日遅れでMPFR 4.0.1マニュアルの翻訳下訳終了。一週間かけてジワジワ手直しして,4.0.2のリリース後にマニュアルの差分を確認してからリリース予定。11月いっぱいには公開したいところであるが,さてどうなるか。しかしまぁ,説明のくどいことくどいこと。IEEE754互換路線を徹底させた結果,実用的にはあまり興味を持たれない特殊数(NaN,+-Inf)の扱いをきっちり書き込んでくれたから,勉強にはなったけど,自分の研究の役には立ちそうもないなぁ。

 つーことで,滞っていた「多倍長数値計算入門」のMPFRの章の追加プログラムを構築できそう。これから出すのにMPFR 2レベルの関数だけ解説するってのも変だしなぁ。マニュアル翻訳修正と平行して何とか仕上げていきまする。しばしお待ちを。>F様 

 次年度に向けて不穏なことが進行しつつあるようなので,ホント,大事なことは年内に目処をつけておかんとなぁ。変態マシンのカーネルコードの勉強もしておかないと~。うが~。

 9月の名古屋出張時に紛失して行方知れずとなっていた老眼鏡を新たしく作成し,本読みが苦痛でなくなった。今一つ紛失した老眼鏡が不満だったのだが,再度測りなおしてみると,度はあまり進んでいないとのこと。が,ディスプレイを見る距離と,書類や本を読む距離が異なるため,単一焦点レンズではイマイチ対応しきれないようで,遠近ならぬ「近近」,つまり60cmぐらいの距離と20cmぐらいの距離の両方をフォローするレンズの需要が最近多くなっているとのことで,ワシも即座にそれを発注したのである。で,その快適さに打ち震えているという次第。今度は無くさないよう注意しないとなぁ。

 神さんが焼き肉おごってくれるのを心待ちにしながら寝ます。ボーナス出たらMacBookかAirを買うんだ・・・無理かな。