How to compile a LAPACKE program on Windows 8.1 x64

 Windows 8.1 x64環境下でのIntel Parallel Studio XE 2016 + Visual Studio 2016を使ったLAPACKEプログラムのコンパイル方法のメモ。

1. 必要な環境変数一切合切を用意してくれるCUIショートカット「コンパイラ―16.0 Update 2インテル(R) 64 VS2015環境」を起動

スクリーンショット 2016-02-29 17.17.43

2. LAPACKEソースプログラム”lapack_dgesv_mkl.cを置いた”c:\lapack”へ移動

2016-02-29_190704

3. シリアル実行の時はicl (C/C++コンパイラ) を使って,例えば

c:\lapack>icl lapack_dgesv_mkl.c /link mkl_intel_lp64.lib mkl_core.lib mkl_sequential.lib

とする。

4. Intel Threadを使ってパラレル実行の時はiclコマンドを使って,例えば

c:\lapack>icl lapack_dgesv_mkl.c /link libiomp5md.lib mkl_intel_lp64.lib mkl_core.lib mkl_intel_thread.lib

でコンパイル。
Core i5-2500 (4 cores)で実行すると下記のようになる。